新着情報

イベントレポート『きゅうべえ』(コトキャリツアー2021WINTER)

2020.02.27

「コトキャリツアー2021WINTER」最終回の6社目は、シティサイクルや電動自転車のほか、スポーツサイクル等の自転車や自転車部品を、店舗やEコマースをの双方で連携しながら販売している、「株式会社きゅうべえ」に訪問してきました。2020年2月現在、京都市内で7つの店舗を運営されています。

まずは“きゅうべえ”で採用を担当されている園尾さんから、“きゅうべえ”の取り組みや自転車のもつ可能性についてお話を伺いました。

“きゅうべえ”は、自転車という商品の特徴を生かして、「SDGs(持続可能な開発目標)」に積極的に取り組んでいます。

自転車の特徴の一例を紹介すると、

・健康増進→自転車に乗って運動することが、健康増進に役立つ

・クリーンエネルギー→自転車は排気ガスを発生させず人の力だけで動くクリーンな乗り物

・地域活性化→車や電車だと見過ごしてしまう景色やお店を発見して、より地域の魅力を知ってもらうために、自転車を活用

・災害支援→自転車は電気が無くても走行可能。東日本大震災の時にも物資を届けるために自転車が活躍

現在、国土交通省でも自転車の生活への積極的な活用を推進しています。「自転車」という社会貢献にぴったりの商品が持つ可能性を、“きゅうべえ”が販売・整備・観光サービスなど幅広い事業を通じて拡げ、推進しています。

今後は自転車の利用シーンを、日常生活だけでなく観光でも活用できるよう追求していきたいと仰っていました。

さて続いては、「自転車を活用した観光ルートを作成する」というテーマで、2チームに分かれ、ワークショップを行いました。

移動手段に“必ず1度は自転車を活用すること”が条件です。

参加者は目的地を設定し、休憩場所や目的地までの散策ルートを約20分間で必死に検索していました。

途中、話が停滞した際には園尾さんから、
「ターゲットや季節を設定すると、考えやすいと思うよ」
とアドバイスをいただきながら、各チーム素敵なルートを提案してくれました。

「まず南禅寺からインクラインまで桜鑑賞をしながら巡って、パン屋さんへ行くのはどう?京都市はパンの消費量が全国1位だし、美味しいパン屋さんも多いしね。
岡崎公園で休憩しながらパンを食べて、その後、お勧めの美味しいうどん屋さんへ行くルートはどうかな?」

もう一方のチームは、

「上京区エリアの散策を提案します。二条城の近くにある※kotobike(コトバイク)ポートで自転車を借りて、晴明神社や北野天満宮、金閣寺へ行って、お勧めの天丼屋さんでランチを取ろう。午後は大徳寺や今宮神社を回り、二条城へ戻るルートはどうかな・・今宮神社には有名なお団子屋さんがあるので、休憩にもピッタリ!」

※kotobike(コトバイク):“きゅうべえ”が運営するシェアサイクルサービス。

実はこのルート、以前実際に参加者が徒歩で巡ったことがあるそうです。その時、“自転車があると便利だな‥”と思ったとのことで、今回の提案に至ったとお話ししてくださいました。

続いて園尾さんより、“きゅうべえ”の働き方改革の取り組みについて説明をいただき、今後“きゅうべえ”がさらに取り組めそうな内容について、参加者でディスカッションを行いました。 

“きゅうべえ”の働き方改革の詳細は、『京のまち企業訪問』特集記事にて紹介しています。
『京のまち企業訪問』→【3分解説】現場の特性に合わせた働き方の提案、実行

参加者からは、
「店舗では、1シーズンに1回土日休みを設けてみる。家族と過ごすのに、土日に休みが欲しいと思うこともあると思うので。」

「EC部門(サイト運営や総務を担当している内勤部署)では、毎日自分が取り組んでいる業務報告を、交換日記形式で実施してはどうか?社内全員の業務を把握することで、業務量が多そうな人へ配慮をすることができるのではないかと思う!」

といったアイデアが出ていました。

最後に園尾さんから、就職活動を控えている参加者の皆様へメッセージをいただきました。
「何年たっても、その企業にとって“必要な人材”であり続けてください。そうすることで仕事にモチベーションが生まれると思います。ぜひ仕事を楽しんでください。」

“きゅうべえ”の園尾さん、ありがとうございました。

新着情報一覧