新着情報

イベントレポート『土山印刷』(コトキャリツアー2021WINTER)

2020.02.01

12月から始まったコトキャリツアー2021WINTER。
第4社目は、土山印刷株式会社。100年培ってきた印刷技術・ノウハウで、お客様の販促に対する課題を解決し、同業印刷会社からも『土山品質』として信頼を得ている京都企業です。

イベント冒頭は、経営本部の有清さんより、土山印刷の事業内容、社会貢献の取り組みについてご説明頂きました。

土山印刷は、紙媒体のカタログやチラシはもちろん、店頭演出の為の立体印刷物・オリジナルノベルティなども制作しています。またデジタルメディア企画制作事業では、企業が仕事を計画的に進められるようなWEBやアプリケーションの開発を行い、企業の課題解決のお手伝いをしています。

土山印刷は、1企業の中に独立採算を行う組織体のあるカンパニー制。

・メディアワークスカンパニー:お客様の課題解決に向けた様々な提案をする営業部隊
・プリンティングカンパニー:印刷やデザイン・製版などを行う製造部隊
・経営本部・品質ICT統括室:経理や人事・社内のIT環境整備など総務業務を行う本部

<その他グループ会社>
・株式会社マーケティングプリウス:印刷通販(BPOサービス)
・株式会社パルサス:イベント企画・マーケティングリサーチなど
・株式会社オカムラ:印刷(京都府福知山)

グループ会社ともしっかり連携を取って大手企業から地域密着型の企業まで、様々な企業様の営業販促に貢献しています。

企業活動を通して行う社会貢献にも積極的です。清掃活動や支援学校の実習受け入れなどで地域社会へ貢献。また『エコアクション21』への認証・登録、環境にやさしい森林認証制度『FSC』にも認証など環境への配慮と改善にも取り組んでいます。

社員の健康のため、社員食堂にて健康講座を開催、ハラダイスライブという社員さんとそのご家族・友人も参加される音楽イベントなども実施されるアットホームな企業です。

働き方改革にも積極的に取り組んでいます。詳しい内容については、『京のまち企業訪問』特集記事をご確認ください。

『京のまち企業訪問』【3分解説】「100年企業が進める社員想いな生き方改革」

いよいよ工場見学。
まずデジタルデータを取り扱って出力印刷する現場をご案内頂きました。
部屋の中には印刷業界の展示会で出展されたものを、そのまま展示してありました。

イラストレーターやPhotoshopで作成されたデータを印刷する大型の機械が並んでいます。土山印刷は色彩再現品質に優れていて、通常のCMYK4色印刷では出せない鮮やかなオレンジやグリーンを再現できるようになり、製品の色を忠実に出したいというお客様に好評なのだそうです。参加者は芸術系大学生が多かったので、土山印刷の技術力を熱心に聞いていました。

出来上がった製版をルーペで覗かせて頂いたり、また別の部屋では表面に凹凸のある印刷物にも直接触れさせて頂いたり。紙だけでなく、ゴルフボールや木材に直接印刷された製品も見ることができました。印刷機の上に上り、実際に印刷されていく様子を見学でき貴重な体験になりました。

イベントの最後は、若手社員との座談会。

-印刷業界の営業ってどんなことをするんですか?

営業は、お得意様が定期的に改修発行されるカタログの変更箇所などを打ち合わせしたり、販促に関するお客様の課題を土山印刷の技術で解決するためのご提案をしたりしています。

-なぜ土山印刷に就職したんですか?

決めては、社長との面談です。わたしは転職でこの会社に入社しましたが、社風のいい会社で働きたいと思っていて、選考の途中で社長と面談した際に「いい会社だな」と率直に感じたので入社することにしました。

有清さん:今後の就職活動でどんな企業に入社したいか迷うと思いますが、会社のホームページに書かれていることより、実際に訪問した時や面接で感じた会社の雰囲気を大切にすることをお勧めします。どんなに良いことが書いてあっても、社内が汚れていたり、社員さんの対応が悪かったりするところで働きたいとは思わないですよね。

デザイン職の方へは、芸術大学の参加者からたくさんの質問がありました。

-土山印刷のデザイン職として入社するにあたってしておいたほうがいいことは?

自分なりにデザインで大切なことは何かを考えて追及して欲しいです。「良いデザイン」というものを自分なりに考え答えを出し、WEBや本で検証していく。あと、商業デザインと芸術家の違いを考えてみて。印刷会社のこと、製版、データの知識も勉強しておくといいです。

―デザイン職の方は転職が多いと聞きました。自分に合う企業はどうやって見つけるのですか?

どんな仕事でも自分に合った企業を見つけるのは難しい。研修の際に感じた違和感を解消する方法は、自分のやりたいことや能力を明確にしておくことだと思います。たとえ企業選びで妥協点があっても、やりたいことの芯がしっかりしていれば、「この仕事ができるなら頑張れる!」と思えるはず。またその仕事をしている社会人とたくさん会って話すことも企業選びの重要なポイントだと思います。

最後は、土山社長からイベント参加者にメッセージをくださいました。



いい職業人生が送れるかどうかは自分のマインドセットのスキル次第。在学中やキャリアが定まっていない間に、自分のスキルを磨いてください。スキルだけではなく、これからどういう会社に勤めるか、どんな豊かな人生を送るかを考えることも大切。是非『ライフシフト』という本を読んで、どんなキャリア構成をしたらいいか、しっかり考えてみてください。

 

イベント終了後のアンケートには「印刷の工程を見ることができて楽しかった」「これからの就活のヒントも得られた」「土山印刷で働きたいと思った」などの感想が書かれていました。

今回のコトキャリツアーでは、印刷業界では異例の2年連続成長を遂げた土山印刷が誇る技術力と社員を大切にしている社風を知ることができました。ご協力頂きました土山印刷社員の皆様ありがとうございました。

 

『土山印刷株式会社』
URL: https://www.tsuchiyama.co.jp/

 

 

 

新着情報一覧