新着情報

No.8 自己PR探しの参考になる12の能力要素

2020.01.30

こんにちは。
カウンセラーの三重です。

この時期は、「自己PRが見つからない」と相談に来られる学生さんが多いです。
自己PRは決して唯一無二の力でなくても大丈夫なので、現時点で自分が持っている力が何かを考えてもらえたらと思います。

経済産業省に参考資料がある

○○力は世の中でごまんと定義されています。
ここでは一例として、経済産業省が公表している社会人基礎力を挙げます。
「人生100年時代」に求められるスキルとして、社会人基礎力=3つの能力・12の能力要素が紹介されています。

 1.前に踏み出す力(アクション)
主体性
働きかけ力
実行力
2.考え抜く力(シンキング)
課題発見力
計画力
創造力
3.チームで働く(チームワーク)
発信力
傾聴力
柔軟性
状況把握力
規律性
ストレスコントロール力

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 

自信がなくても、○○力はあるかもしれない

上記では3つの能力を分けていました。
1.前に踏み出す力(アクション)
2.考え抜く力(シンキング)
3.チームで働く(チームワーク)

どれも仕事をする上では必要不可欠な力です。
漠然と考えると難しく思えますが、能力要素まで因数分解すると、イメージしやすくなると思います。

例えば、協調性に自信がない人でも、チームで働くために必要な力がまったくのゼロだと思いません。好奇心が強く一人で物事を進めるのが得意な一方で、規律を守ることが苦手な人だったら、チームワークの能力要素から「発信力」「柔軟性」「ストレスコントロール力」あたりを考えてはどうでしょうか。 

自己認識できれば人柄も伝えられる

自己PRを考えるのは、強みだけでなく弱みにも向き合う作業だと思います。

「チームワークの中でも、規律性は低いけど、発信力や柔軟性で貢献できそうだ」と自己認識できれば、より自分がどういう人なのかを伝えていけると思います。

自己PRが見つからなくて悶々としていたら、なかなか一人ではかどらないものなので、身近なキャリアカウンセラーに相談されるのをおススメします。

自己認識が深まれば、自己PRができるのと、自信にもつながります。センターでも日々そのような相談にのっています。気軽にお話しに来てください。

新着情報一覧