新着情報

イベントレポート『三笑堂』(コトキャリツアー2021WINTER)

2020.01.07

12月から始まったコトキャリツアー2021WINTER。

第2社目は、医療機器の専門商社として今年で90周年を迎える株式会社三笑堂に訪問しました。

最初は、経営企画部の山田さんより、医療業界や三笑堂のことをご説明頂きました。

医療業界は、命と密接にかかわり健康を支えるインフラとして社会貢献度が高い業界。介護業界は、高齢化社会に伴い医療・介護ニーズの需要が高まり市場が拡大傾向にあります。

その中で医療系の専門商社は、拡大チーム医療の一員として、病院での手術や治療に欠かせない医療機器や医薬品をメーカーに代わって病院や医師に提案し、最新技術の情報を伝えるなど、医療現場を支える「縁の下の力持ち」としての役割を果たしています。

業務の中でも重要な仕事の一つとして、『適正使用支援業務』があります。手術前のカンファレンスでは、患者さんの症状に合わせた手術をする為に、数多くの機器の中から適切なものを提案し、医師や看護師にアドバイスをするもので、適正に使用ができるように機器の情報提供を行います。

そんな医療業界の中で三笑堂は、人の命と深く関わっているので、あらゆる事に心を込めて速やかに最善を尽くすことを企業理念としています。

グループ全体の売上は今年5月で626憶円、従業員は1,000名以上。
シェアは、京都府下No.1。近畿でもNo.2となっています。今後もグループ全体の総合力で近畿No.1を目指します。

三笑堂の強みは、創業当初からの医療事業と、介護保険法ができる前から立ち上げた介護事業、それぞれが連携しながら世の中の動向を見据え、介護・医療業界の両方を支えられることです。

また、働き方については、ワークライフシナジー宣言によって個人と会社が共に成長し、さらに社員が笑顔で働ける仕組みづくりのため、かえるプロジェクトを立ち上げられました。詳細については、『京のまち企業訪問』特集記事にて紹介しています。

『京のまち企業訪問』【3分解説】『笑顔』を大切にする企業の働き方

次は社屋見学です。昨年より営業フロアーをフリーアドレスに。毎日好きな席に座れることで、これまで以上に社員同士のコミュニケーションも増え、さらにリフレッシュ効果もあるそうです。

次に本社に隣接する倉庫内を杉本さんにご案内頂きました。

そこでは20名ほどの社員さんが、注文品の検品や在庫補充、発送業務などをされています。医薬品や備品の数は10,000種類以上。お客様の急な発注にも対応できるよう、在庫管理や出荷品のチェックなども徹底して行っています。

京都最大のショールーム『笑顔』を佐藤さんが案内してくださいました。

介護用品とは思えないデザインのものが多く、色違いの商品も多数取り揃えられています。
介護保険のことも熟知し、お客様にアドバイスしながら、安全で楽しく使用していただけるものを提案されています。

自助具(身体機能の困難を補う道具)も多く取り扱っていて、お客様からの問い合わせなどにも迅速に対応し、商品をお届けできるようにしています。参加学生も実際に使用体験さえて頂きました。

イベント最後は、経営企画部 若林さんにもご参加いただき座談会を行いました。

三笑堂の働き方改革の取り組みをさらに詳しくご説明頂き、参加学生さんの鋭い質問にもざっくばらんに回答頂きました。

―医療系商社が、他の商社と違ったり難しいと感じたりする部分はありますか?

山田さん:私たちのお客様は医療機関や福祉施設中心ですので、医療に関する知識、専門用語を覚えるのは大変です。医療機器や医薬品についての情報を、メーカーに代わって正確にお伝えしなければなりません。新入社員のころは質問されてもその場で答えられないことが多いです。でもお客様から頂いたご要望などにスピーディーにかつ丁寧に対応することで徐々に信頼を得られるようになります。もちろん最初は先輩社員との同行で丁寧に色々なことを学んで頂きますし、研修制度も充実させていますので、理系出身者でなくても大丈夫です。実際に三笑堂の社員は文系出身者が多いです。

―近畿No.1を目指して努力されていることはありますか?

山田さん:時代の変化に対応できる柔軟性を持つことです。医療業界、介護業界では日々新技術が開発されていきます。医療・介護の専門商社として世の中の流れをいち早く捉え、お客様のニーズ、ご希望にあった情報を発信できるように努力しています。

人にこだわらず、競走馬のトレーニングやリハビリに使用されるトレットミル(ルームランナー)の輸入販売もされていると聞き、参加学生さんもびっくり。

最後に若林さんに伺いました。

―女性社員として三笑堂の自慢できることを教えてください。

若林さん:私は三笑堂の社風に魅力を感じ採用試験を受けました。入社してみて感じたのは、『笑』という字が社名にある通り、とにかく明るい社員が多く笑顔絶えない職場です。仕事の選び方はひとそれぞれですが、私は「社風がいいこと」を軸として就活をしていたので、三笑堂に入社できて良かったと思っています。

山田さん:また女性社員にとっては、通常の時短勤務期間が小学校就業までなのに対し、三笑堂は3年生まで延長することができ、個人の状況・希望にあわせ職種や所属先を変えることができるので長く働くことができる会社です。

イベント終了後の参加学生からは、「働き方改革に積極的に取り組んでいて、社員の要望なども大切にしている企業だと感じた」などの感想を聞くことができました。

今回訪問した三笑堂は、お客様に笑顔を届けるだけでなく、社員も笑顔で働けることを大切にされていました。「人の役に立ちたい」「社会貢献がしたい」「社風のいい企業で働きたい」と考えている就活生におススメの企業です。

 

今回のイベントにご参加いただけなかった方は、是非インターンシップにお申込みください。

『マイナビ2021』
URL: https://job.mynavi.jp/21/pc/corpinfo/displaySeminar/index?optNo=7Hza7C&corpId=53136

 

『株式会社三笑堂』
URL: http://www.sanshodoh.co.jp/

新着情報一覧