新着情報

合同説明会での鉄板質問集!

2018.03.28

 

たくさんの企業が集まる合同説明会。

企業について知ることができる良い機会ですが、とはいえ緊張しますよね。

特に「質問の時間に何を聞けば良いかわからない!」という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな時のために、合同説明会鉄板で役に立つ質問を4つピックアップしています。

さらに今回、業界研究会で実際に企業の方に質問をしてみました。

ぜひ今後の参考にしてください。

※芸術大学での業界研究会だったので、今回はものづくりやデザインの会社が多いです。

 

 

Q.主な仕事内容と平均的な1日のスケジュールを教えてください。

職種によってスケジュールが異なってきます。営業だとお客様との打ち合わせが多く、デザインなどの設計職だと社内での作業が多くなります。また、会社外の現場での仕事を担当している者もいます。職種が異なるとスケジュールの他に働く場所も異なって来るので一概には教えにくいです。

 

(興味のある職種が決まっている人は、特定の職種について、1日のスケジュールを聞いてみるのが良いでしょう。職種の違いを知りたい、迷っている職種がいくつかある人はそれぞれの職種の特徴を聞いてから、どのようなスタイルで働いているのか聞いてみるのが良いでしょう。)

 

 

Q.仕事をする中で一番大切にしている心構えはなんですか?

ものづくりの会社なので、自己満足にならないよう、お客様のニーズと自分たちの作りたいものが合うところを作れるようにしています。

また、新しく商品を作るとき、うまくいかないこともたくさんあります。その中でうまくいったときに、それを自分の実力だと思うのではなく運だと思うようにしています。謙虚さを持つことが大切だと思うので。

 

(この質問では社員の方の仕事に対する価値観がわかります。自分の中での働くことに対する価値観を明確にできるほか、ひとつの企業で複数の方に聞いてみるとどういった人が働いているのか雰囲気を知ることができます。)

 

 

Q.求める人物像はどういった方ですか?

向上心があること。これはどの職種にも言えることです。販売員なら「もっと売りたい」職人なら「もっと上手になりたい」という思いがないと、成長が止まってしまうので。

 

(職種によって求める人物像も変わってきます。自分の行きたい会社と会社の求める人材像にギャップがないか確認してみましょう。また、合同説明会で聞いた内容をエントリーシートや履歴書、面接に活かすことができます。)

 

今の時代の流れとは逆行するのですが、長く続けてくれる方に来ていただきたいです。

転職してキャリアアップを目指すのではなく、社内で働く中でレベルアップを図っていただきたいです。

大前提ですが、この仕事に興味がある方、やりたい方、好きな方に来ていただきたいです。

 

(働く上で、興味のあることや、やりたいこと好きなことでないと、長く続かないのではないでしょうか。今では、転職をされる方も多いですが、企業側としては、長く定着してくれる人材を求められているようす。自分に合った働き方のスタイルを考えて行きましょう)

 

 

Q.仕事をする中で御社の強みと弱みを教えてください。

技術的にすごいと言えるところはありませんが、お客様がやりたいことを親身になって叶えてあげることができるのが、私の会社の強みだと考えています。

 

(エントリーシートの作成や面接対策のために自己分析をするように、企業への逆質問をしてみましょう。そうすることで、その企業が業界の中でどのようなポジジョンで頑張っているのかわかりやすくなります。)

 

 

いかがでしたか?

質問することによって企業の特徴や価値観を知ることができます。

気になる企業にはどんどん質問をしてみましょう。

新着情報一覧