新着情報

イベントレポート『伊藤久右衛門』(コトキャリ2019・京のまち企業訪問ツアー編)

2018.01.13

京都わかせん広報室の学生スタッフによるイベントレポートです。当日の雰囲気や社会人が学生たちとトークをしているときの“印象的な話”をお伝えたいと思います。


date:2017.12.13

コトキャリも、しごとトークが先週で終わり、企業訪問も今回がラストとなります。

今回訪問させていただくのは、宇治や京都市内に店舗を展開されている、伊藤久右衛門さんです。みなさん耳にしたことがあるのではないでしょうか?

宇治と聞いて連想されるものは何でしょうか?

平等院鳳凰堂?宇治上神社?

世界遺産はもちろん有名ですが、“宇治茶”の産地なんです。

伊藤久右衛門さんは、天保3年より、お茶の魅力を伝えられています。経営理念の“お茶の新しい価値を世の中に発信し、日本の京都を代表する企業となる”を基に世界に向けても展開されています。抹茶のお菓子など、みなさんも一度は口にしたことがあるかもしれません。

普段飲んでいる、煎茶、ほうじ茶、玄米茶、抹茶などがどのように製造されているか知っていますか?

煎茶は摘んだ茶葉を蒸して乾燥させたもので、ほうじ茶は煎茶を炒めたもの、玄米茶は炒った玄米を混ぜたもの、抹茶は茶葉を石臼でひいたものです。

私自身今回お話を伺って初めて知りました。

 

最初に人事担当の大西様から、お茶の話をお聞きして、JR宇治駅の目の前に11月にオープンしたばかりの伊藤久右衛門さんの店舗・茶房にお邪魔しました。

実は、伊藤久右衛門さんのお店は4店舗あり、そのうちの3店舗が宇治にあります。

店舗内は観光客のお客さんで賑わっており、奥には、茶房も併設してあります。

お茶を試飲させていただいたり、キットカットとのコラボ商品や、お茶を用いたお酒など、魅力的な商品ばかりでした。

見学を終えると、抹茶のガトーショコラをご用意していただく、うれしいサプライズが。

お菓子をいただきながら座談会に移ります。

今回は人事担当の大西さんと舟越さん、入社1年目の太田さんからお話を伺いました。

なぜこの会社に入社されましたか?

大西さん

「就活中は業種を問わずに受けていました。決め手の一つは、宇治の会社ということ、地域性です。また、伊藤久右衛門も宇治に根差した経営をされていたのが、決め手の一つです」

舟越さん

「私自身は、好きな商品を売るほうが仕事に対してもやりがいがあるのではないかと考え、食品の世界を選びました」

太田さん

「関西圏での就職を考えており、就活中は金融業界を志望していました。理由は、ただ単に、土日が休みだったからです。でも、自分がやりやいことは?と考え、食品業界にも興味があったことや、会社の雰囲気からこの会社を選びました」

入社前後の会社のイメージは、どうでしたか?

太田さん

「入ってからギャップを感じることはありませんでした。迷っていた時に、入社前に訪問し社員の方と話すことで、人(会社)の雰囲気が自分に合うと感じました」

舟越さん

「人に対するギャップはありませんでした。若い人が多く、人間関係には不安がありましたが、個性豊かで楽しいです」

日本語がわからないお客様には、どう対応されますか?

太田さん

「海外のお客様は英語が主流です。英語が苦手でも商品の紹介が書かれた英語のカードがあり対応しています」

舟越さん

「言葉が伝わらなくても人と人なので、伝えたいという気持ちがあると相手もしっかり受け取ってくれることが多いです。こうした熱意を持つことで仕事の幅も広がってきます」

どんな人と働きたいですか?

大西さん

「お茶の知識は後からでも学べます。お茶が好きな人や経営理念に共感する人、個性豊かないろんな人に来てもらいたいですね」

舟越さん

「会社にはいろんな人がいるので、合う合わないもありますが、否定するだけでなく、相手の考えを一度受け入れ、相手を理解しようと考え行動できる人と仕事をしていきたいです」

太田さん

「失敗してもめげずに何度も立ち向かっていくような人と働きたいです」

学生のうちに、やっておいたほうがいいことはありますか?

太田さん

「固定概念を持たずにいろんなことをしてみることが大切です。時間に余裕のある学生のうちに色んなことに挑戦してみてください」

大西さん

「今までしたことのないことに挑戦したり、経験をすることで、自分自身の引き出しを増やすことを意識してください。働いている人に話を聞いたり、自分から動いてみるといいと思います」

今回も企業の方からいろいろなお話を伺ったり、実際に働かれている現場を見せていただいたりと、貴重な体験ができました。伊藤久右衛門の皆様、ありがとうございました。

 今回の訪問をもって、コトキャリの企業訪問ツアーがすべて終了しました。訪問させていただいた企業様ありがとうございました。また、参加された学生さんもお疲れさまでした。

企業の方とかかわることで、働くということが具体的になってきましたか?

私自身これから就活の期間に入りますが、企業訪問を通じ、いろんな企業の方とお話ができ、少しずつではありますが、働くということを意識してきました。

 学生のうちに、今しかできないことをし、後悔のない学生生活にしてください!


*トーク内容は一部抜粋です

*実際のイベントはフリートーク形式で行っています。

新着情報一覧